企業情報

ページトップへ戻る

株式会社フェニックスの特徴

 大手総合電子部品メーカーであるアルプス電気の「会社設立提案制度」第1号の適用を受けて産声をあげた会社です。

 創業時から製品開発の手法も3D CADの台頭によりだいぶ様変わりしましたが、「ものづくり」の基本は不変、これまでの経験を基にお客様のニーズに対してより迅速に、且つ的確にお応えし、信頼される企業を目指しています。

 製品の開発ステージにおいては単なる設計のアウトソーシングに留まらず、製品のベンチマーク調査、それに基づくコンセプト提案から金型リリース等、量産準備の完了までを広くサポートしております。

会社概要

社名/商号 株式会社 フェニックス
設   立 1995年 12月 4日
所在地 〒020-0011 岩手県盛岡市三ツ割1丁目13-7
代表取締役 天野 敏明
常務取締役 内藤 秀樹
取締役 三上 孝人
事業内容 各種製品受託設計/各種製品開発支援/各種製品試作/
エンジニア派遣(労働者派遣事業許可番号「派03-300094」)
資本金 13,488,000円(2021 年 10月 25 日現在)
従業員数 23人 (2021年 10月 25日現在)
取引銀行 岩手銀行
北日本銀行
取引先 アルプスアルパイン株式会社
株式会社エフアンドディ
株式会社アスター
株式会社ピーアンドエーテクノロジーズ
等々 (順不同)
研究機関 東北大学バイオロボティクス研究室
岩手県立大学

設立経過

1995年12月4日 会社設立
 (アルプス電気(株)会社設立提案制度を活用して設立)
・メカ設計技術集団として、アルプス電気(株)の製品開発を
 受注
・他社との取引を拡大
・設立当初から自社製品開発を手掛ける
1997年 中小創造法の適用を受け、高度難聴用補聴器の開発着手
2000年 牛肉システムの画像処理初期段階の開発開始
中小創造法適用で牛肉画像処理着手
2002年 地域コンソーシアム事業にてトルクリミッタ開発開始
2005年 盛岡市上堂3-8-44プリシード第一ビル2Fに移転
2014年8月 東北大との共同開発に関して協議開始
2015年4月 東北大との社内販売ワゴン共同研究開始
2016年4月 いわて戦略採択
2018年7月 有限会社フェニックスから株式会社フェニックスに商号を変更
2019年7月 盛岡市上堂3丁目16-15に移転
2021年1月 盛岡市三ツ割1丁目13-7に移転
2021年12月 第3回事業再構築補助金 「簡易リール巻き上げ機」採択

品質方針

1.当社は、自前の技術を駆使し、提案力と実現力により、 お客様の経営を強力にサポートし、課題解決に貢献します。

2.自前の技術力を常に高める事にチャレンジ且つ努力し、より付加価値の高い成果を生み出し地域へ貢献します。

3.品質第一を念頭に、高い付加価値を継続して生み出すことで、社員への待遇や福利厚生の向上を実現し、より達成感を感じられる会社を目指します。

本社所在地